野田泰平(JBIG代表)

JBIG代表・野田のアカウントです。スキンケアメーカーの経営者として、「美しくなる習慣を創造する」デザインアントレプレナーとして、自身の考えや気づきを発信しています。noteマガジン『野田ラボ』など週1回のペースで更新。剣道とスキーとダイビングは人生をかけた好きなこと。

野田泰平(JBIG代表)

JBIG代表・野田のアカウントです。スキンケアメーカーの経営者として、「美しくなる習慣を創造する」デザインアントレプレナーとして、自身の考えや気づきを発信しています。noteマガジン『野田ラボ』など週1回のペースで更新。剣道とスキーとダイビングは人生をかけた好きなこと。

    マガジン

    • 開拓者たちと語り合う

      JBIG代表・野田が、注目する経営者やクリエイターとの対談を配信。 WANOVATORとは日本のアセットを創造する人のこと。ジャパンタイムズ代表・末松弥奈子氏をはじめ、様々な分野の開拓者たちと、「美しさ」「未来」などについて語り合います。

    • 「JBIG」で実現したい世界

      JBIG代表・野田の気づきを届けていくマガジン。「本当の美しさ」への哲学を磨く。事業を通して実現したい世界、経営者としての興味や、影響を受けた人や話など。日常がちょっと色づく話をつづります。

    • 開発ストーリー

      「1000年続くものしか売らない!」モノ・コトづくり。究極のシンプルを目指し、世界一を追求し、20年前からつくり続ける石鹸のほか、 マーケティングR&Dを重ねて見えてくる世界など。スキンケアブランド「P.D.C.D.」の製品ができるまでを、代表・野田が語るマガジン。

    開拓者たちと語り合う

    JBIG代表・野田が、注目する経営者やクリエイターとの対談を配信。 WANOVATORとは日本のアセットを創造する人のこと。ジャパンタイムズ代表・末松弥奈子氏をはじめ、様々な分野の開拓者たちと、「美しさ」「未来」などについて語り合います。

    すべて見る

    What’s Design Thinking? What to be as a Designist?

    デザインコンサルタント中西元男氏と、JBIGの野田泰平が、「経営とブランドとデザイン」について語り合った。[後編] P.G.C.D.JAPANが誕生した2010年、代表の野田泰平は日本型CI(コーポレート・アイデンティティ)の第一人者である中西元男氏に師事した。以降、中西氏より学んだ経営戦略デザインは、P.G.C.D.JAPANの根幹を支え、企業としての活動に大きな影響を与えている。 「企業におけるデザインシンキング」と「デザイニストとしてどうあるべきか」というテーマにおい

    スキ
    14

    What’s Design Thinking? What to be as a Designist?

    デザインコンサルタント中西元男氏と、JBIGの野田泰平が、「経営とブランドとデザイン」について語り合った。[前編] P.G.C.D.JAPANが誕生した10年前、代表の野田泰平は日本型CI(コーポレート・アイデンティティ)の第一人者である中西元男氏に師事した。以降、中西氏より学んだ経営戦略デザインは、P.G.C.D.JAPANの根幹を支え、企業としての活動に大きな影響を与えている。 「企業におけるデザインシンキング」と「デザイニストとしてどうあるべきか」というテーマにおいて

    スキ
    9

    Learn the spiritual beauty of Japan from the Do.

    P.G.C.D. JAPANの季節ごとのお茶会を共に開催していただいている茶道裏千家茶人の土井宗満氏。 所作と道具の美しい関係について語り合った。 土井 宗満                             本業の茶舗「土井園」にて、美味しい日本茶を届けると共に、より広く日本のお茶文化を届けるために、株式会社抹茶道にて、国内外に向けた茶道イベントを展開中。「本格茶室でできる茶事体験(茶懐石と共に茶道を愉しむ)」や「出張お茶会」「茶道を活用した企業向け人材育成プログラ

    スキ
    10

    Water problems connect with everything.

    JBIG、P.G.C.D. JAPANでは、2020年1月から6月まで「せっけんは地球を救う 子どもたちに届ける水100トンチャレンジ」を実施した。チャレンジの結果報告と、年々深刻化する世界の「水問題」を中心に、持続可能な社会の在り方について、JBIG、P.G.C.D. JAPAN代表の野田泰平とウォーターエイドジャパン事務局長の高橋郁(かおる)氏が語り合った。 高橋 郁(かおる) ウォーターエイドジャパン 事務局長 高校時代に国際協力に関心を持つ。大学卒業後、流通小売企業

    スキ
    13

    「JBIG」で実現したい世界

    JBIG代表・野田の気づきを届けていくマガジン。「本当の美しさ」への哲学を磨く。事業を通して実現したい世界、経営者としての興味や、影響を受けた人や話など。日常がちょっと色づく話をつづります。

    すべて見る

    共によく働くために:P.G.C.D.のチームワークWay

    先の見えない時代に企業が生き残るためには、社員一丸となって難局を乗り越えなくてはいけません。しかし、チームづくりの諸問題に、頭を抱える方は多いのではないでしょうか。 P.G.C.D.の価値観と行動規範は、仲間が団結するための指針として捉えることができます。今回は、P.G.C.D.のチームワークWayと題し、社員が目線を揃え、共に成長するための具体的なあり方をお伝えします。 価値観と行動規範が揃ってこそ団結できる人間は、価値観や行動規範がずれている中で力を発揮することはでき

    スキ
    6

    守るべき約束:P.G.C.D.のビジネスWay

    先日公開した記事「2021年、干支で見た世情と、P.G.C.D.のあり方」で、P.G.C.D.が大切にしてきた約束(プロミス)について触れました。これは、お客様との約束であると同時に、僕たちが持つべき価値観、行動規範と密接に関係しています。 今回は、「P.G.C.D.のビジネスWay」と題し、これらのプロミスを守るために必要な、僕たちのあるべき姿をお伝えします。 P.G.C.D.のビジネスWay2021年の幕開けとともに、僕たちはあらためて、P.G.C.D.の約束(プロミ

    スキ
    3

    認識のすれ違いを無くす意識づくり【P.G.C.D.のコミュニケーションWay】

    人は、ほんの些細なことでコミュニケーションの齟齬を起こします。伝えたことが正しく伝わらず、小さなミスが大問題に発展することも珍しくありません。最悪の場合、会社が傾くこともあるほど、企業にとって大切な要素です。 P.G.C.D.では、社内で円滑なコミュニケーションを行うための具体的な姿勢を示しています。それは、僕自身がお客様からいただいたメッセージを教訓に作られました。 今回は、社内コミュニケーションを円滑にするための考え方と、とるべき姿勢についてお伝えしたいと思います。

    スキ
    2

    会議の生産性を高めるツールと考え方【P.G.C.D.のミーティングWay】

    前回は、ミーティングに対する僕たちの考え方と背景をお話しました。「会議=コスト」の考え方と、P.G.C.D.の経営哲学「3つの愛」との関係は、僕たちの行動規範を理解するためにとても重要です。(記事はこちら:会議の生産性を高める準備と心構え:P.G.C.DのミーティングWay ) この背景を理解しながら企業活動をするうちに、さまざまなツールやプロセスが生み出され、改良を重ねてきました。 今回は、実際に業務で使うツールや、課題に対する考え方をご紹介したいと思います。 メンバー

    スキ
    17

    開発ストーリー

    「1000年続くものしか売らない!」モノ・コトづくり。究極のシンプルを目指し、世界一を追求し、20年前からつくり続ける石鹸のほか、 マーケティングR&Dを重ねて見えてくる世界など。スキンケアブランド「P.D.C.D.」の製品ができるまでを、代表・野田が語るマガジン。

    すべて見る

    1000年続くものしか売らない

    シャンプーやコンディショナーといった商品は、次々と新しいブランドが登場しては消えていきます。僕たちのプロダクトはそんな短い周期ではなく、100年、1000年と変わらずに受け継がれることを目指しています。流行り廃りに流されず、時間のふるいにかけられても残り続けるものは、使ってくださる方との信頼の形。まさに本物のプロダクトだといえるからです。 ある日、スタッフから「私たちは、何年続く企業、あるいは、ブランドを目指しているのですか?」と質問を受けました。新型コロナウイルスによって

    スキ
    10

    日本人の持つ「美しさ」の感性

    僕たちP.G.C.D.は、「美しさ」をとても大切にしています。ところが、「美しい」という言葉を聞いた時の印象は、人によって違うのではないでしょうか。 目に見える美しさ以外にも、価値観、思想、所作など使われるシーンも違えば、その都度抱くイメージも違う、多様な意味をもつ言葉です。 今回は、僕たちが考える『美しさ』と、僕たちの使命である『Beauty Management』に込めた想いをお伝えします。というのも、スタッフの一人から、僕たちが掲げている『美しさ』に含まれたこだわり

    スキ
    34

    「人を美しくするものが地球を汚している」矛盾から目指した、石鹸

    こんにちは。スキンケアメーカーP.G.C.D.の野田泰平です。 P.G.C.D.の製品は、お客さまに手渡しをするように贈りたくて、オンライン中心の直販だけを行っています。商品と一緒に、驚きや感動を届けたいとも考えています。 そんな僕たちのプロダクトが完成するまでのストーリーを、この「開発ストーリー」マガジンでつづっていきます。 初回は、私たちが自社製品である石鹸への強いこだわりを持つようになった原点について。 *** 人を美しくする化粧品が地球を汚しているという矛盾

    スキ
    22